前へ
次へ

レンタル携帯とは、そのメリットは

レンタル携帯とは、レンタル会社名義にて、ドコモやau、ソフトバンクなどと契約した携帯電話を、顧客にレンタルするサービスのことです。
携帯電話のレンタルをする最大のメリットは、通話料金が安いことです。
出張先などで、プライベートで持っている携帯電話とは別に、仕事用として携帯電話が必要なときに役立ちます。
プリペイド携帯とは異なり、残高が不足して突然利用不可能になることもありません。
その他のメリットとしては、海外旅行をするときに役立つことです。
個人で、海外に対応した携帯電話とすると毎月の料金が発生しますが、空港などでレンタル携帯を借りるとその旅行の時だけの料金請求となるので、長い目で見るとコストダウンにつながります。
セキュリティー対策が万全であるところもメリットです。
知り合いとトラブルになったときに、自分の携帯番号を教えたくないこともあります。
ときには、知らない電話番号から電話がかかってきたり、メッセージなどがきたり売るのも気持ちが悪いものですが、そんなときには、一時的にレンタル携帯電話を利用することをおすすめします。
レンタル携帯は個人で持つ携帯とは異なり、2年契約などの長期契約の縛りがないのがメリットです。
レンタル携帯の場合は、解約料などもかからないので安心して利用できます。
レンタル携帯は、審査なしで借りられるところもメリットです。
一般的な個人契約で携帯を持った場合は、携帯電話の基本料金や端末分割払いの費用が払えなくなってしまうと、信用情報に傷がつきます。
これは、いわゆるブラックリストに載っている状態です。
レンタル携帯の場合は、審査がないためブラックリストに載っていても、レンタルできるのが良いところです。
良いとこばかりの携帯電話のレンタルですが、いくつか注意事項があります。
それは、追加料金が発生する場合があることです。
業者が設定している「かけ放題」プランを絵選んでいる場合は、基本的には通話料金は発生しませんが、国際電話や国際メール、0570ナビダイヤル、104番号照会、他者宛のショートメールなどは別料金です。
別料金となる事態がいくつかあることは認識しておく必要があります。

Page Top